生理早い

医師や専門家が深く詳しく解説します

生理早い

医師や専門家が深く詳しく解説します

生理が早い ! 予定日より早く来るのはなぜ?原因と対策は?

公開日
更新日

 
執筆:青井梨花(看護師)
監修:株式会社とらうべ 
 
生理(月経)周期についてしっかり把握していなくても、「大体1カ月後」といった目安で予定をたてている女性は多いと思いますが、1週間以上も生理(月経)が早いときには、少し心配になってしまいますよね。予定よりも早い生理(月経)には、いくつか理由があり、なかには婦人科を受診した方が良いケースもあります。
「 生理(月経)が早い 」ということがなぜ起こるのか、原因について知っておきましょう。
 
 

生理が早い:そもそも生理(月経)周期とは

 
生理(月経)周期とは、「月経開始日から次の月経開始日の前日までの期間」のことを指します。
生理(月経)周期は、おもに卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」の働きにより、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの段階を1周期として、通常、毎月繰り返されます。
以下、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つの段階について、簡単に説明します。
 
1.月経期
月経期は通常3~7日間(平均5日間)です。妊娠が成立しない場合、子宮内膜が剥がれ落ち血液とともに体外へ排出されます。これが「生理(月経)」です。
 
2.卵胞期
生理(月経)終了後にやってくるのが卵胞期です。卵胞期の期間は6~7日程度です。脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモンにより、卵胞が成長・成熟し、エストラジオール(卵胞ホルモンの一種)が分泌されます。これによって、子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床出来るよう準備をします。
 
3.排卵期
排卵期は、排卵前後の5日間程度のことを指します。排卵とは、卵巣で成熟した卵胞から卵子が排出されることを意味します。エストラジオールの分泌量が最も活発になると、黄体化ホルモンが脳下垂体から分泌され、排卵が始まります。
 
4.黄体期
排卵後、卵胞は黄体へと変化します。この排卵後の期間を「黄体期」といいます。期間は、約14日間です。黄体は、プロゲステロン(黄体ホルモン)を分泌し、子宮内膜を柔らかくし、着床可能な状態に整えます。
 
 

次の生理(月経)が来るのが早い!その原因とは?

 
正常な生理(月経)周期の目安としては、個人差もありますが、25~38日といわれます。ただ、女性のカラダはとてもデリケートで、体調や環境の変化、またちょっとしたストレスによって、生理(月経)周期が前後することがしばしばあります。そのため、25~38日の間で6日以内の変動がある場合は、問題はないとされています。
 
一方で、正常な生理(月経)周期の目安より短かった場合、つまり、次の生理(月経)が24日以内にきた場合には、周期の異常として「頻発月経」といいます。頻発月経が続くとき、その原因の中には病気が潜んでいる場合もありますから注意が必要です。
頻発月経の原因には、どんなことが考えられるのでしょうか?
 
1) 機能的なこと(生理的現象)
いわゆる初潮を迎えたばかりの頃は、子宮や卵巣の機能が未熟なために、生理(月経)周期が不規則になり、頻発月経が起こることがあります。あるいは閉経を迎える頃の更年期の時期もまた、卵巣機能が不安定なために、頻発月経となる場合があります。ほかに疑う病気などがなければ、年代にともなう生理的な現象といえます。
 
2)ホルモンバランスの乱れ
月経周期は、前述したように、エストロゲン、プロゲステロンといった女性ホルモンによりコントロールされています。この女性ホルモンバランスが乱れると月経周期にも影響します。女性ホルモンのバランスの乱れのおもな原因の一つに、ストレスがあります。引っ越しや転勤、転校などの環境の変化や、食生活の乱れ、睡眠不足などによる疲れはホルモンバランスに影響しやすく、頻発月経になりやすいといわれます。急激なダイエットや過度の運動もまた、ホルモンバランスを乱す原因になります。
 
ホルモンバランスの乱れで起こる頻発月経のなかには、生理(月経)のような出血はみられてはいるものの、実は排卵をともなっていないこともあります。これを「無排卵月経」(医学的には無排卵周期症)といいます。
 
無排卵月経として、生理(月経)不順、頻発月経をはじめ、希発月経(月経周期39日以上)もよくみられる症状のひとつです。その他、少ない量の月経が8日以上ダラダラと続く、あるいは2日以下で終わってしまうといった出血持続日数の異常、経血量の不安定さなどが挙げられます。また、生理(月経)痛が比較的軽い場合もあります。無排卵月経は、脳がなんらかのストレスを過剰に受けて、排卵の指令を卵巣に送る仕事が出来なくなることで起こります。
排卵しない無排卵状態が継続すると、自然排卵がどんどん起こりづらくなり、不妊の原因にもなります。
 
3)黄体機能不全
排卵後、子宮内膜を柔らかく、着床可能な状態に整える黄体期に、プロゲステロン(黄体ホルモン)の機能がうまくはたらかないことを「黄体機能不全」といいます。プロゲステロンの機能がうまくはたらかないことで、本来なら約14日間であるはずの黄体期が短くなり、結果、頻発月経となってしまいます。黄体期が短いということは、子宮内膜も十分に成熟しないので、不妊の原因になる場合もあります。
そのほか、甲状腺の病気や糖尿病などが、実は月経不順の原因だったという場合もあります。
 
 

生理が早い :その経血、生理(月経)ではなく、不正出血かも!?

 
「いつもより早く生理がきた」「1か月に2回、生理がきた」というケースの中には、生理(月経)4だと思っていた出血が、実は不正出血だった、ということがあります。
赤色の鮮血は比較的新しいもの、茶色の出血は少し時間が経過してから体外に出てきたものと考えられます。わずかな出血だと、おりものに混ざって黄色やピンク色にみえることもあります。
排卵時に起こる「排卵期出血」や、受精卵が子宮内膜に着床する際にみられる「着床出血」などは生理的な現象ですが、なかには重大な病気のサインということもあるので、注意しましょう。
 
頻発月経の症状としては、生理(月経)周期が24日以下と短いことに加え、個人差はありますが、出血持続日数が8日以上ダラダラ続いたり、いったん終わったと思ったら、また出血したりなどといった症状がみられることがあります。このような症状に加え、生理(月経)が短い周期で何度も来ることで生理(月経)の回数が増え、貧血になっている場合もあります。
 
その他、不正出血だった場合に考えられる女性特有の病気としては、ホルモン異常によるものや、女性器の感染などで炎症が起きているもの(子宮内膜炎など)、良性の腫瘍によるもの(子宮筋腫など)、悪性の腫瘍によるもの(子宮頸がん・体がんなど)があります。そのほか、妊娠によるものや、膣の粘膜が荒れていることなどで一時的に出血する膣部びらんなどもあります。
 
 

生理が早い:自分の生理(月経)周期を知るためには?

 
自分の生理(月経)周期を正しく知るには、基礎体温を測定しましょう。基礎体温とは、最も安静時の体温のことで、早朝目が覚めて、まだ身体を動かす前の状態で婦人体温計を使って測定します。健康な女性であれば、約0.3~0.5℃の間で周期的に変化します。毎日測定した基礎体温に基づいてグラフを作成すると、排卵がある月経周期であれば、排卵を境にして、月経1日目から排卵日までが低温期、排卵日から次の月経の前日までが高温期というように、2相性になります。あわせてその日の体調や気分をメモしておくと、心身の健康状態をチェックすることも出来ます。最近では、毎日の基礎体温を記録出来るアプリなど、手軽に記録できるツールも多様化しているようです。
 
たとえば、グラフが低温期と高温期の2相性に分かれず、1周期とおして平坦だったり、ガタガタしている場合は、無排卵の可能性があります。また、2相性になっていても、高温期が平均より短い場合は、黄体機能不全の可能性があるなど、基礎体温のグラフから、自分の生理(月経)周期や出血持続期間、排卵の有無、低温期や高温期の日数などグラフの型から女性ホルモンの分泌が正常になされているかの目安として活用することができます。
 
女性は、環境の変化やストレスなどによってホルモンバランスが影響を受け、頻発月経など、いわゆる生理(月経)不順となることはあります。そんなときは、まず生活習慣に問題なかったか、振り返って見直し、調整してみましょう。ただ、度々周期が乱れていたり、継続的な場合は、不妊の原因になったり、なかには女性特有の病気のサインだったということもあります。ですから、日ごろから自分の生理(月経)周期のパターンを客観的に把握しておくことは大切です。不正出血の可能性があったり、頻発月経が長期(とくに3周期までを目安にする)にわたるようなら、放置せずに婦人科の医師に相談しましょう。その際、基礎体温表を持参すると、診断の手立てになり、スムーズに診察を受けることができるでしょう。
 
 

まとめ

 
ここまで説明した内容についてポイントを以下のように記載しましたのでご参考にして頂ければ幸いです。
 
・生理(月経)周期とは、「生理(月経)開始日から次の生理(月経)開始日の前日までの期間」のことを指す。エストロゲン・プロゲステロンの働きにより、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期という4つの段階を1サイクルとして、毎月繰り返される。
・1周期25~38日が正常な生理(月経)周期の目安。この期間の間での6日以内の変動は、正常範囲内である。
・1周期24日以内の場合、周期の異常として「頻発月経」という。
・頻発月経の原因としては、思春期・更年期など年代にともなう生理的な現象ととらえられるものから、ストレスや生活習慣の不摂生などによるホルモンの乱れ・無排卵月経や黄体機能不全の可能性などがあげられる。
・次の生理(月経)がいつもより早く来たと思っていたら、実はその出血は不正出血だったということも可能性としてある。
・不正出血にはホルモンの一時的な乱れによるものから、シビアな病気まで可能性として考えられるので、放置せず、念のため婦人科に受診することが大切。
・基礎体温表を活用することで、自分の体調を知る手立てになったり、異常の早期発見に有用である。
・次の生理(月経)が予定より早い頻発月経が続く場合、不妊の原因になったり、甲状腺や糖尿病などの病気が潜んでいる場合もあるので、すみやかに受診することが重要。
 
 
<執筆者プロフィール>
青井 梨花(あおい・りか)
助産師・看護師・タッチケアトレーナー
株式会社 とらうべ 社員。病院や地域の保健センターなど、さまざまな機関での勤務経験があるベテラン助産師。
現在は、育児やカラダの悩みを抱える女性たちの相談に応じている。プライベートでは一児の母。
 
<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供
 
 

オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 

生理不順と更年期 :知っておきたい症状と対策は何か?
 
若年性更年期障害 : 20~30代で生理不順となる「若年性更年期」とは?
 
妊娠超初期 とは? 生理痛のような症状がでる?注意すべきポイントは?
 
PMS治療に使われる薬とは?
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。